埼玉新聞「朝雲流れて金色に照り」(『埼玉新聞』より)

連載第1回(2017年8月1日発行)

名誉会長の小学校時代が描かれています。
なぜ医師を目指したのか、きっかけを作った恩師の方々が登場します。

 

 

←クリックで大きな記事へ

連載第2回(2017年8月8日発行)

第2回では兄弟の絆がどのように築かれたのかが描かれています。


 

←クリックで大きな記事へ

連載第3回(2017年8月15日発行)

第3回はいよいよ市中時代、そして北大医学部時代のお話しです。戦時中のためご苦労なさったようです。



←クリックで大きな記事へ

連載第4回(2017年8月22日発行)

第4回では北大医学部を卒業、東京でのインターン生活が始まります。そして、美空ひばりさんの家庭教師を務めたお話しは秀逸です!

 

←クリックで大きな記事へ

連載第5回(2017年8月29日発行)

お母様の思い出、そしてついに板橋に新病院が開院します。

 


←クリックで大きな記事へ

連載第6回(2017年9月5日発行)

ご結婚、病院の新築など、超多忙ながら充実した日々が描かれています。


 

←クリックで大きな記事へ

連載第7回(2017年9月12日発行)

ご兄弟と診療を共にしていた板橋から、戸田へ拠点を移し、独立。現在も続く戸田中央病院の始まりです。



←クリックで大きな記事へ

連載第8回(2017年9月19日発行)

高度成長期の人口増に伴い、戸田中央病院は地域医療へ尽力していきます。
この時代から揺るぎなく続く医療活動が評価され、平成28年、戸田市の名誉市民第1号に選ばれたことにも触れています。


←クリックで大きな記事へ

連載第9回(2017年9月26日発行)

最終回は、名誉会長の遠い北海道への想い、また戸田で培った友情への想いが綴られています。



←クリックで大きな記事へ