東高36回生 同期会報告 <2018年1月27日・東京赤坂>

 

平成30年1月27日の関東青雲同窓会の新年会後、幹事期である第36回生の打ち上げを開催しました。 参加された先輩達から「楽しかった」「素晴らしかった」というお言葉を帰り際に多数頂戴し、我々幹事期としても大変有難く、かつ、この上ない達成感を感じさせていただきました。

当面は、いや少なくとも今日ぐらいは、この余韻に浸っていたいとの思いでしたが、出てくる話しは5月の総会のこと。
 「今日のアレはよかった」
 「総会ではこういうことをやったらどうだろうか」
 「次の会合はいつにしようか」
みんな真面目です。

限られた予算とか限られた時間などを度外視した同期の様々な声を聞いていると、青雲祭を前にした「あの頃」に戻ったかのような錯覚に陥ります。
総会に向けた企画やアイデアを全員がほぼ一方的に発言した後は、流れるがままにカラオケへ。ディスコではないところに「あの頃ではないんだ」と気付かされます。

カラオケボックスでは懐かしい歌や古い踊りで盛り上がり、延長延長の繰り返し。打ち上げで議論した企画も忘れ、自分で提案したアイデアも忘れ。

そんな36期ですが、チームワークだけはバッチリです。
来たる5月26日(土)の総会に向けて一丸となって準備を進めております。
みなさまお誘いあわせの上、是非ご参加下さい!

 

出席者(五十音順・女性は旧姓)
小形忍・笠原欧子・小池等・齋藤剛・佐々木史恵・佐藤隆浩・鹿内暢・高橋和佳子・
谷内雅紀・冨原修・中村彩子・深山泰志・三宅有・宮脇寛生・森暢雄・山岸良一・
吉岡志美・吉田泉

 

文責:鹿内暢