34回生同期会 花見の集い <2016年4月日・東京市ヶ谷>

 2016年4月2日、昨年に続き花見会を開催しました。今年は幹事年でもあり次回の総会懇親会の打合せを兼ねての開催となりました。実行日を決めたのが3月中旬。この頃から日毎の寒暖差が広がり、桜の蕾はみるみる膨らみはじめて、当日には開催場所の市ヶ谷土手は満開、絶好の花見日和となりました。
 当日は早朝薄暗い中から、場所取り担当が午後2時開始に向けロケーションの選択、相当量の段ボールで下地を作りシートで陣地確保。開始時間までには各分野に手分けされた物資調達班が酒肴を持ち寄って集合しました。用意されたのは北海道産のシシャモやザンギその他、ついでに現地調理も加わり、また、料理上手な同期による冷めてもおいしい手料理もふんだんに用意されて、運動会のお弁当を彷彿とさせるアウトドアの醍醐味を感じさせるものでした。更に、手作りおにぎりのうち1個だけ「激辛わさび明太唐辛子おにぎり」があたるイベントも。これは一発目で大当たりとなる強運の持ち主が登場しました。
 また、今年1月に行われた「ふるさと祭り東京2016」での「函館いか踊り」に一緒に参加したイカガールも交じっていただき一層花が咲きました。酒はそんなに要らないんじゃないの?と言いながらも、結局追加となるほど盛り上がりを見せ、周りの花見客も少なくなった午後8時頃まで現地での宴は続きました。このような花見会など同期が集えば楽しいもので、さらに皆と会えることの喜びからか、始まる前の構想や準備も全員で楽しんでやっています。 総会懇親会に向けての打合せは、勿論きっちり行ったことをご報告いたします。しかし、内容は総会の日まで公開できないので当日をお楽しみに! 

当日の参加者
小室博之、吉澤史也、本間丈夫、河邉則宏、袴田隆雄、土肥健作 宮川博昌、田原浩一、 吉田峰子、 増川志保子(女性は敢えて旧姓で)

東高34回生 小室博之